訪問看護師がやる事・仕事内容

HOME / 訪問看護師がやる事・仕事内容

患者さんの家に行き、自宅で療養ケアを行う“訪問看護師”
具体的に、どのような仕事をするのでしょうか。
訪問看護師の仕事内容について、詳しく説明します。将来、訪問看護師として働きたい人、気になっている人は、ぜひチェックしてください。

幅広い訪問看護師の仕事

訪問看護師は、病院で働く看護師の仕事内容よりも幅広いのが特徴的です。
医師の指示を受けた医療処置が基本的な仕事になりますが、ほかにもたくさんの仕事をしなければなりません。
例えば、毎回のバイタルチェックや医療機器の管理、入浴介助や食事の世話・指導、リハビリテーション、床ずれの予防・処置、介護予防や家族への指導などが挙げられるでしょう。
ほかにもさまざまな細かい仕事はありますが、主な仕事は以上になります。

患者さんの担当看護師である限り、医師とのコミュニケーションをとりつつ、患者さんの意志を尊重しなければなりません。
身の回りのお世話から、介護を必要としている人は食事・入浴の介助も訪問看護師の役目なのです。
患者さんの家のどこに何があるのか、常に把握しておかなければなりませんね。

家庭の状況や患者さんによって異なる

病院で働く看護師の仕事内容は、一定しています。
しかし、訪問看護師は、訪れる家庭の状況や患者さんによって仕事内容にばらつきがあるので注意してください。
それぞれの患者さんによって病気は違いますし、体の不自由さも異なるでしょう。
また、家族が訪問看護師に期待している、やってほしい内容も変わるので、訪れるお宅によって変えなければなりません。

訪問看護師は、何より、患者さんと患者さんの家族との距離が近くなります。病院看護師とはそこが大きく異なる点ではないでしょうか。
家族や患者さんの気持ちを第一優先にして仕事をしなければならないので、ひとつずつ課題をクリアしていくことが大切です。
コミュニケーションも積極的にとっていかなければ、訪問看護師としての仕事が勤まらないでしょう。

page top