訪問看護認定看護師とは?

HOME / 訪問看護認定看護師とは?

「訪問看護認定看護師」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
訪問看護師として生活していきたい方には、ぜひ知っておきたい認定看護師です。
訪問看護認定看護師とは、いったいどういうものなのか、詳しく説明します。

認定看護師とは?

認定看護師とは、特定の分野において磨かれた技術知識、そして、水準の高い看護が実現できる看護師のことを指しています。
つまり、訪問看護認定看護師は、訪問看護のスペシャリストのことです。

訪問看護に関して高い知識と技術を持っている看護師のことで、日本看護協会から認められた訪問看護の看護師になります。

認定看護師になると、微章が授与され、認定看護師として働くことができるのです。
日本看護協会によると、認定看護師には3つの役割を持っています。

  1. 熟練した看護技術で水準の高い看護を実践すること
  2. 看護実践から指導を行うこと
  3. 看護職にコンサルテーション、相談を行うこと

以上の3つが、認定看護師の役割になります。

認定看護師は、看護現場での水準を高め、看護業界の全体的なスキル・知識を広げる役割を持っているのです。
自分が持っている訪問看護に関する知識と技術を、ほかの訪問看護師に広めていかなければなりません。

訪問看護認定看護師になるためには

訪問看護認定看護師になるためには、まず、日本の看護師資格を取得しなければなりません。
そして、看護師免許を取得した後は5年以上実務の経験をします。
認定看護師になるためには、実務経験が通算5年以上なければならないのです。
およそ6ヶ月の認定看護師教育機関での過程を修了した後、筆記の認定試験を受けます。

認定試験に合格した人のみ、認定看護師認定証が交付され、認定看護師として登録されます。
訪問看護の認定看護師教育機関は、限られているので注意してください。
自分が住んでいる地域では、教育機関がない場合もあります。詳しくは、日本看護協会のホームページで教育機関の検索ができるので、ぜひチェックしてくださいね。

page top