訪問看護師で働くメリット

HOME / 訪問看護師で働くメリット

訪問看護師の“働くメリット”について説明します。
どのような点にメリットがあるのか、事前に把握しておけば、後悔することなく働けることができるでしょう。
訪問看護師のメリットは、どのような点にあるのかぜひチェックしてくださいね。

夜勤がない

訪問看護師の大きなメリットと言えば、“夜勤がない”点ではないでしょうか。
入院設備が整っていない、利用者の自宅が訪問看護師の仕事場になるので夜勤する必要がありません。
看護師にとって「夜勤」が重労働だと感じている人が多いでしょう。

夜勤がない訪問看護師なら、体力に自信がない人でも安心して働くことができますね。
すでに家庭を持っていて、家事や育児が忙しい人にとってありがたい仕事ではないでしょうか。

夕方までに終わる、非常勤なら午前・午後のみでも仕事することができるというメリットもあるので、仕事と家事を両立させたい人は注目です。

日勤のみ・土日休み

訪問看護師の働くメリットは、日勤のみ・土日休みが多いことです。
病院看護師は休みがバラバラになりますが、訪問看護ステーションは土日休みになるところが多いので安心ですね。
先ほどもお話したとおり、ほとんどが日勤のみなので、家族との時間も過ごしながら働くことができるでしょう。
また、訪問看護師は比較的給料も高いのでやりがいを感じる人も少なくありません。
利用者だけでなく、より利用者の家族と親密になるでしょう。

コミュニケーションをとる人は苦手意識があるかもしれませんが、利用者との距離が近づくのも大きいメリットになっています。
なかなか病院勤務では近づくことができない距離感が感じられるでしょう。
いろいろな人と接したい、より利用者の立場で看護について考えたい、さまざまなスキルを身につけたい人にはオススメです。

キャリアを積むことができる

訪問看護師で働く期間が長くなればなるほど、キャリアを積むことができます。
訪問看護の認定試験を取得すれば、もっとスキルアップが目指せるでしょう。
また、今後、日本はさらに少子高齢化が進み、訪問看護師の需要が高まってきます。
求人傾向も徐々に増えてきているので、やりがいはあるのではないでしょうか。

page top